和歌山100キロうどんライド

最近は妻子が寝てる間に走り、起きる頃に帰る、という流れで走っていました。
なので乗れても2、3時間。せいぜい30~50キロくらいでした。
そんな時、奥さんがたまたま実家に泊まりに帰ることになりまして、

これはロングライドのチャンス!!!

さらに!
当ブログにも何度か登場しているロードバイク仲間のM氏ことモーグルさんも週末はヒマとのこと!!
またとないロングライドのチャンスで単独ライドは寂しいので2人で行くことになりました。
行先は独断で和歌山にしました!
向こうに着くころにはお昼になるのでランチの場所もリサーチ!
普段奥さんに部屋の掃除をしろと言われてもなかなか動かないぼくですけど、こういうときはフットワークが軽いw
和歌山はラーメンが有名ですが、今回はうどんが食いたいという、ぼくのたっての希望でお昼はうどんに決定☆

ガーミンエッジ820を使ってのロングライドは初めてです。事前にルートを作成しておき、ナビってもらうことにします。
距離はちょうど100キロ!久々の3ケタやで!

当日は快晴とまではいかないまでも、晴れ!徐々に気温もあがることでしょう。
まずは自宅からモーグルさんの家の近所まで自走してお迎え。こんなワクワクするのはいつしかのデート以来かw
ガーミンのナビを駆使して難なく到着・・・と言いたいところでしたがどうもナビの調子が悪い。正確に言うとナビをしてくれなくなるんです。
ガーミンナビの不調についてはまた後日記事にすることにします。

さてさて、
大阪から和歌山に入ろうとすると必ず山を越えなければなりません。
以前、よっしーさんとご一緒させてもらった堀河ダムの桜の監視業務の道中で登った府道63号線にて和歌山入りを目指しました。
この道は和歌山への山越えルートの中では難易度はかなり低いです。傾斜はしゃべりながら登れるくらいできつくなく、歩道が広く整備されているので車におびえることなくのんびりと並走しながら登ることができます。
よっしーさんと桜を監視しに行ったのがもう1年前なのか~とモーグルさんと話しながら難なく山を越え和歌山入りを果たしました。

山を越えたら紀の川まで一気に下ります。帰りは別ルートを予定してましたが、下った分をまた登るのかと思うとゾッとします。
和歌山-大阪の往復は和歌山からの帰りの方が大変なのです^^;
去年の夏以来、久々に紀の川にやってきました。そこでおどろき!!

紀の川のサイクリングロードが延びてる!!

そういや前に通った時に工事してたな~と思い出しました。いや~和歌山は本当に素晴らしい。
川沿いのサイクリングロードがどんどん整備されていってます。これで紀の川は河口から九度山あたりの上流まで道がつながったってことでしょうか。
(山越えさえなければ毎週にでも紀の川を走りたい・・・w)
新しいサイクリングロードを市内へひた走り、無事に今回お目当てのお店に到着しました。

DSC_4390.jpg
手打ちうどんまさむね さんであります!

今日のランチはこちらです!
DSC_4388.jpg
牛しぐれうどんであります!
あつあつのうどんにダシしょうゆをぶっかけていただくうどんです。お肉の甘さとしょうゆが絶妙のコンビネーション!思い出すだけで唾液が出てきます。
コシのあるうどんが大好きなのですが、アゴが疲れるくらいのしっかりした歯ごたえでとても美味しかったです!

DSC_4389.jpg
モーグルさんはちゃんぽんうどんとちまきのセットにしていました。こっちも美味そう♪
食べてる間にも次から次へとお客さんがやってきて忙しそうにされていました。
また食べに来たいです。


お腹もいっぱいになった所でさあ帰りましょうか。
帰り道は、かつてぼくがロードバイクに乗りたてのころにあまりのきつさに足を着いた登りです。
阪和道と並ぶようにして山を越える、府道64号線です。
じわじわと長くいやらしく続く登りと、最後に立ちはだかるヘアピン2本付近の心臓破りの坂で構成されている道です。

モーグルさんにとって初めての道なので一応事前に伝えておきましたところ、
ニヤリとするのみ・・・
こいつ、楽しんでやがる!!w


あまりのきつさに写真なんぞ取る余裕は微塵もありませんでしたが、
無事登り切りました!
あの時の自分に勝った!成長してた!
モーグルさんも初挑戦にして無事走破!すごいです。

あとはビューンと下って、走りなれた大阪の道を帰ります。
途中モーグルさんと別れて、無事帰宅。
距離は103キロでした!

久々のロングライドはやっぱり楽しかったです。
自分の成長も感じられるライドにもなりました。
コツコツ乗ってきてたのはちゃんと身になってるんだなと感動☆
紀の川のサイクリングロードを今度は端から端まで行ってみたいです!

奥さん次はいつ実家に帰ってくれるだろうか・・・w

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する