ガーミンエッジ820のナビ機能を使って走る

手首で心拍を計れる活動量計、vivosmart HR Jを使用して走りに行ってきました。
さらに今回は、エッジ820のナビ機能も使ってみることにしました。
事前にルートを作って読み込ませておくと、エッジ820がそのルートをナビしてくれるとのことです。

ぼくのエッジは820Jではないので、日本の地図の精度がよくないそうです。
でもOSMだかいう有志の人たちが作ってくださってる地図を導入すると問題なく使えるとのこと。
ありがたく使わせていただきます!

DSC_4246.jpg
「いつでもナビできるぜ?」とでも言っているのでしょうか。


DSC_4248.jpg
曲がり角のところを矢印で示してくれるのでその通り曲がるだけです。


これめっちゃ便利かもしれん
これまでは、ルートの確認のために自転車を止めてスマホの地図を見ていましたが、このナビ機能のおかげでスマホで一切確認することなく目的地まで到達することができました。
初めて走るときなどに事前にルートを用意しておけば迷うことはほぼなくなりそうです!

DSC_4251.jpg
無事にりんくうのマーブルビーチに到着☆

vivosmart HR Jからの心拍もしっかりと認識し、胸バンドから解放されました。
走ってるときの手首にまいてる違和感もゼロでした。
心拍を胸で取るのと手首で取るのとで誤差は生じてるのでしょうけど、そんなの気にしません。
毎回バンドをつけるときの「キャン!!」と冷たさに悲鳴を上げることがなくなっただけで嬉しいです。

にしても、高い買い物だったわ・・・あと2000回くらい走らないと元をとれないな。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する